ケミカルピール | アンチエイジング・若返りナビ powered by 高須クリニック

施術内容をもっと詳しく知りたい方はこちら(高須クリニックへ)

2017年02月28日更新

ケミカルピール

ケミカルピールとは、皮膚に化学薬品を塗り、古い角質や毛穴の汚れをとりのぞき、新陳代謝を促進させる効果があります。

治療について


▲ケミカルピール施術風景

肌のターンオーバーのリズムが乱れると古い角質が蓄積してしまい、肌のくすみ、ニキビや毛穴の目立ちといった症状がでてきます。こういった症状には、皮膚表面に溜まった古い角質を取り除くピーリングが効果的です。施術後は、イキイキとした明るい素肌がよみがえります。グリコール酸で余分な角質や、毛穴に詰まった老廃物を溶かすケミカルピールは、特に炎症を起こしたニキビの治療に最適といわれています。


術後の経過とアフターケア

術後は紫外線の影響を受けやすくなるので、外出する際は日焼け止めを忘れずに塗るようにしましょう。肌がデリケートになることがあるので、刺激の強いコスメは避けた方が無難といえます。肌のターンオーバーの周期に合わせ、7~10日おきに6~7回の治療が理想的です。

症例のご紹介

ケミカルピール


高須幹弥医師からのコメント
高須クリニックの事務員の女性です。
いくつになっても化膿するほどのニキビがおさまらず、皮膚科で色々なお薬を試してきたと仰っていましたので、ケミカルピールを1週間おきに5回ほど施術しました。回数を重ねるほどにどんどんきれいに、ニキビ跡や毛穴の開きまで滑らかになり大変満足いただきました。ニキビ治療で悩んでいるなら、早めの治療がおススメです。

「ケミカルピール」施術の詳細はこちら(高須クリニックへ)

page top